*

af9920059239l

 

シワの原因は主に二種類に分けられます。一つは表皮の機能低下によるもの、そしてもう一つはもっと奥の、真皮の機能低下によるものです。

 
表皮は水分や脂分が適切に保たれているときは、ハリや柔軟性を維持しています。しかし、加齢や乾燥、ストレス、血行不良などによって水分がきちんと補充されなくなると、肌はハリを失ってしまいます。

 
水の抜けた水風船と同じように、表面に線ができてしまったり、筋肉に引っ張られて筋ができたりします。ただしこれは表皮の水分の問題ですから、化粧水やクリームで保湿し、皮膚のコンディションを整えれば改善は比較的容易です。

 
改善が難しいのは、真皮が原因になっているタイプです。

 
真皮は、コラーゲンとコラーゲンを支えるエラスチンと、二つの繊維から構成されています。これらは肌の弾力を作ると共に、表皮と筋肉とをつないで栄養などの受け渡しをするという、非常に大切な機能をもっています。

 
コラーゲンやエラスチンは、加齢やストレスなどによっても弱体化しますが、一番の敵は紫外線です。紫外線の波長は皮膚の奥まで浸透し、これらの繊維を破壊してしまいます。皮膚を支える繊維が破壊されるため、皮膚は土台からたるんでしまうのです。こちらは布がたるんで折りたたまれた状態を想像するとよいでしょう。

 
体の中のことなので、化粧水などの外用剤はなかなか効果が出ません。最近はレーザーによる治療などが開発され、注目を集めています。

表情じわと下垂じわの違い

 

 

年齢と共に深くなってしまう顔のしわには、原因によっていくつかの種類があります。
年を重ねた女性がまず気にすることの多い目元や口元のしわには、表情じわと呼ばれるしわができている可能性が高いと言えます。若い人でも笑った時には目元や口元にしわが寄るものですが、肌にハリがなくなってくると、このしわが笑っていない時にもできるようになります。これは表情のくせによってしわが寄りやすい場所に跡が残ってしまうためで、笑いじわの場合は温かみのある顔立ちに見えますが、怒ってばかりいると眉間やおでこにしわができてしまいますので注意が必要です。

 
一方、顔の筋肉が弱まることでできるしわは下垂じわと呼ばれています。ほうれい線は下垂じわの代表的なもので、頬の筋肉や脂肪が垂れ下がることが原因となっています。このようなしわは顔の筋肉をよく動かすことである程度改善することができます。
また、どちらのしわも肌のハリ不足が原因の一つとなっているため、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌にハリをもたらす成分を取り入れることでかなりの効果を期待できます。ドリンクやサプリメントを摂取するほか、美容外科でも様々な方法でコラーゲン、ヒアルロン酸の量を増やすことができます。